ぶひ邸別館

チワブヒブルとの日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

ご報告

securedownload4.jpg

2016 7,2
PM10:40 モナ 私と相方とピノが見守る中 旅立ちました
初めての痙攣発作から すぐにMRI検査を受けて グリオーマ脳腫瘍と闘ってまいりましたが
3か月の闘病は終わりました。。。。。。

最後の痙攣発作が起きたのが2週間前のこと
たいてい1週間か10日の感覚で痙攣発作はこの3か月の間起こっていました
それでも痙攣発作が1分程度で治まり その後小1時間ぐらい旋回したら体力を使いつかれ
へたり込んで死んだように眠り続ける。。。。。
その後は普段のモナに戻ってるように思えました

ただ2週間前の発作の後からは
後ろ足に力が入りにくく 立つのがやっとで 動けないから旋回運動も減り
ごはんも噛む力がなくなってきて固形物がのどを通りづらそうで
小さく崩してやるもそれはそれで 咽るようで
名前を呼んでも反応がなくなり
ほとんどの時間を寝て過ごすようになり
それでもごはんの準備をし出すと目が覚め
食べる時だけは起きているような
そんな2週間でした



それでも食べたい意力があるし
発作の間隔が今までにないぐらい開いていたので
まだまだ生けるのでは?と希望を抱かせてくれました

しかし
まったく食べれなくなって1日

あんなに這ってでも食べていたのに 死んだように眠っていても
ごはんとなれば起き出して食べていたのに。。。。
最後はスプーン1杯のヨーグルト
亡くなる当日は職場でお昼にやっとの思いで無理やり口元に持っていき食べさせた
お薬も粉々にしてはちみつに混ぜて歯茎に塗ろうが
液体の脳圧下げる薬も注射器を使ってやるも口が動かず。。。。。

モナがもうすぐ息絶えるとわかっていたのはピノだけ

モナが口を開けて息してるだけやのに
いつものようにキャーキャー警報機のように鳴く

ピノはみらいの嘔吐する前や ここちゃんの発作が始まる前とか。。。。
誰かの異変?いつもと違う様子にすぐ気が付いてキャーキャー鳴く

私たちが気が付く前にピノ警報機のおかげで
何度も助けられていた

この夜もピノの鳴き声を聞いて 今夜モナがなくなるのか?と感じた

それからモナの手を握って 頭を撫でてやりながら
開口呼吸から見えるほぼ白に近い薄ピンクの舌を眺めながら
その30分後がモナの最期でした

相方とモナと私と
手を握って座ってる横に
ピノもじぃーと座り 横たわるモナを私たちと一緒にのぞき込んでた

みんなソファーにベットやフローリングの上にそれぞれ寝ているのに、、、、



最期は大きく仰け反って伸びしたように見えたあと
大きく溜息をついた直後 モナはそのまま逝っちゃった

毎日 毎日 覚悟はしてました
でもやっぱり

悲しいのは一緒に居れなくなったこと
でもモナが苦しさや辛さや病魔から解放されて嬉しかった

嬉しい。。。。。。ほかに適切な言葉が見つからないけれど
これでよかったんだ モナは楽になれた そう思った

病気がわかり 獣医から余命宣告され
モナの脳腫瘍の状態から 緩和治療しか手がないと説明を受けた

積極的ではない治療
のちのちのモナの状態が安楽死も視野に入れないといけない状態になるかもしれないと言われていた

説明を受けたときは
グリオーマのこと モナの腫瘍の範囲 治療の方向性の選択
今の現状を受け入れるのに精一杯で
「安楽死も視野に入れないといけない状態」がどのようなことが起こりうるのか
怖くて聞けなかった

たぶん聞いたところで
私には安楽死を選べない そう思っていたから

それでも不安で
怖くて

いっそ 発作がドカンと来て 一思いに逝けたほうが
モナにとっては楽なのではと思ったり

一緒に居たい 頑張ってほしいけど
頑張ってほしくない

居なくなってほしくないのに 楽になってほしい。。。。

ここ2週間 発作は起きてないけど
状態がすすんで ずいぶんと辛そうだったから
私の思いも揺れてました

でも最後の最後まで

モナの最期は激しい痙攣発作が来て それが止まらず息絶えるんじゃないかってビビッてたから
静かな最期はモナから私へのプレゼントだったかもしれない
壮絶な最期だったら
弱い私が引きずるだろうと思って、、、、、、


最後の最後まで
モナに気を遣わせてしまったかもしれないね
ごめんね ありがとう 大好きだよモナ

謝罪も感謝も
そして愛も尽きません

モナにもいっぱいいっぱい もらいました



最高の娘でした
スポンサーサイト
  1. 2016/07/05(火) 14:56:33|
  2. モナ グリオーマ脳腫瘍
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

食べることは生きること

初めての痙攣発作からグリオーマと診断されてから
2か月半が経った
お薬が増えても発作の回数はさほど変化がなく
よくて10日ごとに発作が起きる感じ
一度発作が起きるとたいてい24時間の間に頻発痙攣発作が3回ほど起きてる

ここ2週間ほどは症状のグレードがもう1段階上がったよう

日中はほとんど死んだように眠り続け
起きてるときはごはん食べてる時か旋回してるとき


頭の筋肉が萎縮していくので
額の両サイドはへこみ
脚の踏ん張りがきかなくなって
へたり込んだり
呼びかけにも反応が薄くなり。。。。。

すべてが衰えていってるモナだけど
食欲だけは今のところ 衰えず。。。。。ありがたい

食べることは生きること

食べれるうちはまだまだイケそう(生けそう)
securedownload2.jpg

今朝 おしっこしちゃったところの後ろ足をとられ
おしっこまみれになったモナをシャンプーしてた時に気が付いた

いつも薄ピンクの陰部が真っ白だったこと
慌てて口の中を確認

歯茎もベロも白い
昨日までは気が付かなかったから 今日からなのか

覚悟はしてるけど
なんか さみしい。。。。。。。。

  1. 2016/06/16(木) 12:31:19|
  2. モナ グリオーマ脳腫瘍
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

2016,4,19


発作から19日
もう笑ったり嬉しそうな表情は見ることができないと思ってたけど
モナが嬉しそうに笑ってるように見えた




先週とメンバー変えて いつもの広場に
























シニアんずは元気元気
いっぱい走った





















みぃーも珍しく ダッシュした^^


先週はリード着いて引かれて歩くことはできなかったけど




この日はリード引かれて歩けた

できてたことが発作後
できなくなって
またできなくなってたことができるようになって

立てなかったのに立てるようになって
歩けなかったのに歩けるようになって
声に反応できなくなってたのに声にちゃんと反応できるようになって
表情がなくなってたのに嬉しそうに笑えるように感情が戻るようになって


一つ一つの些細なことができるように戻ってきて
その一つ一つが 手を叩いて喜ぶぐらい嬉しくて


ちゃんとわかってるのに病気が治っていく。。。。って錯覚してしまう。。。。。。

けどね実際は 脳の中の悪い奴は
小さくなってくれることはなくて
どんどん大きく増殖していって


そう
そう遠くない
モナはいなくなる


でも悲観しない
今がモナと私たちにとっての幸せな時間だから

  1. 2016/04/24(日) 13:30:38|
  2. モナ グリオーマ脳腫瘍
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

2016,4,12 モナが自力で歩いた



脳腫瘍発覚後も
お天気のいい日はなるべく外に連れ出して
まったり過ごすようにしてる

太陽 風 音
家の中よりも 脳にも刺激があるだろうと思って^^




MRI検査以後数日は 伏せのままの状態
その後
立てるけど そこから一歩足を前に出すことができなかったモナ
ごはんの時もベットや椅子に寄りかかりながら立って食べて












この日はとても嬉しいことがあった
発作から12日ぶりに 外で自分の足で歩けた!!





























できることをできるうちに
それが私たちの願い
































































病魔に侵されていても
いつもどおり
いつもと変わりなく
できるうちに できるだけ
















それが私たちの望むこと^^









  1. 2016/04/23(土) 11:08:52|
  2. モナ グリオーマ脳腫瘍
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

かかりつけへ

2時診療の病院から
MRI検査の結果がすでにかかりつけに報告済みということで
その日の夜からとりあえず始めるお薬(ステロイドと脳圧降下剤)を処方してもらってください
静脈の血管確保のためにつけたままの管もかかりつけの判断で抜いてもらうかどうかしてくださいとのこと



検査が終わったその足でかかりつけへ



診察時間ギリ到着。。。。。。ふぅ~~~汗


グリオーマは抗がん剤よりも放射線治療が有効だけれども
治療のたびに全身麻酔をかけなければいけないこと
モナの状態では 放射線が効いて 数か月の延命ができる可能性よりも
治療中に命を落とす可能性のほうが高いこと

本来なら脳圧降下剤を使ってどれぐらい状態に変化があるか定期的に
MRIを撮って経過観察するらしいが、、、、、、それも今より状態が進むであろう(腫瘍が大きくなる)状態で
厳しくなってくると予想される

2次診療で説明されたことを踏まえて
積極的治療は行わないという私たちの考えをかかりつけの先生に伝えた

移動の車の中で 夫婦で話した結果
2人共同じ考えでした



がんを叩くという積極的治療ではないけど
痙攣発作や神経症状を
ステロイドや脳圧降下剤 抗痙攣薬を使いながら
モナの残り余命のクオリティーを上げる緩和療法しかするつもりはないと
経過観察のMRIも放射線もするつもりはないと

「それでいいと思うよ」と先生は言ってくれた






  1. 2016/04/10(日) 14:58:01|
  2. モナ グリオーマ脳腫瘍
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。