ぶひ邸別館

チワブヒブルとの日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

ルールあっての自由っすよ!!



昨日の夜ぽ出発時。。。。。

昨日この写真をIGにあげたら
“散歩に行く前にこんなに冷静なんですか?”とコメントいただきました。。。。。。

あぁ~~~そうなのか
もうこれが普通と思ってたので。。。。。。笑


散歩前は興奮せずに落ち着くべし。。。
親の許可なく土間に降りるべからず。。。。

質のいい散歩にするためには 散歩が始まる前の段階からの興奮を落とす必要がありますから~~~
とくに散歩時に他犬に対する問題行動がある奴は^^

リビングから玄関に出る時も
名前を呼ばれた者だけが出るべし。。。。

などなど我が家にはルールがあります


がっつりトレーニングしたいわけではありません。。。。私トレーナーじゃないし。。。。笑
ただ多頭で 犬たちと楽しく安全に生活するための我が家の決まりごとであって
必要だから教えてるだけなんですけど。。。。。

この間もうちのブログを読んでくださってる方に“がっつりトレーニングされてるから~~~”なんて言われて
なんて答えていいか……ちょっと言葉に詰まりました

そんな犬任せでこんなに多頭で何のルールもなくて
やりたい放題だったら 無法地帯で怖いじゃないっすか??

子育てにもルールがあるのと同じなんですけどね。。。。。


散歩時に吠えかかられたからって応戦してたら怖いじゃないですか ブルだしフレンチだし
見た目だけでも厳ついし。。。笑

訓練してて厳しいと言われることが多々ありますが
力でネジふせたり 怒鳴り散らして萎縮させてるわけではありません

『凄いですよね~~~』なんて言われるけど全く凄くないです
うちの犬たちなんて完璧な犬ではないです

飼い主より先にご飯食べるし
私が寝てるところを踏みつけて行ったり
うちの子たちの枕にもなります^^
でかいやつもひざにも乗ってくるし 抱っこもしますよ
布団を占領され 気を遣いながら変な筋肉痛になりながらも犬と寝たいのは飼い主の方で。。。。。笑




ここぞという時にパックのリーダー(飼い主)の言うことを自分の欲望よりも選べるように
そして自分の子たちを安定した状態にチャンネルを変えることができるように

トレーニングという特別な時間を作るわけでもなく
日々の生活の中で伝え続けてるだけなんですけどね~~~~~~


















スポンサーサイト
  1. 2014/08/31(日) 11:52:59|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

イグアナかんな^^



今朝は本当に8月???かって思うぐらい涼しかった
故に寝やすくなったからか ちょっぴり寝坊
飼い主が起床するまで起きないわが子たちも寝坊なり。。。。

出発が出遅れたけど涼しい朝で助かった!!


かんなを含むこの班で今朝は柴犬ばかり遭遇。。。。。
トレカラは付けてるけどもうほとんどボタンを押すことはない。。。。

かんなも犬にいくことはないし
吠えかかることもないし
ガウルこともなくなった。。。。。。けど。。。。

犬を見つけた瞬間から挙動不審。。。
リードも張ることはないし
リードもしの字やし
すれ違う他犬を避けて反対側に自ら移動して
私の前に出ることなく後ろについて歩いてるけど。。。

イグアナみたいになる。。。。。。。笑


めっちゃ避け方が不自然
相手の飼い主の方がそれを見て“目が点”になって
かんなを凝視すること多々あり

相手の犬がドミな犬ほど 酷くイグアナ化するかんな

犬にいくことはなくなったけど
かんなの心理状態 これどうよ????

見てません見てません アピールがわざとらしすぎる。。。。。。。
コレクション入れても相手の犬が通り過ぎるまでイグアナ化は続く。。。

のち 私を見上げて笑顔
とりあえず “ヨシ^^”って褒めてやるけど


もう少し。。。。優雅でなくていい。。。。普通にやり過ごせないものかと思う今日この頃。。。。。。笑



  1. 2014/08/30(土) 10:40:49|
  2. イングリッシュぶる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

むすめ



うちの娘になるために遠回りしたぶん
最期まで これでもかと愛情を注いで幸せにすることが私たちの使命だと思っていたけど

これでもかと幸せな時間をもらってばかりです。。。。


私たちが

覚悟ができるように
後悔しないように


往生際の悪い飼い主のために 頑張ってくれてます^^




  1. 2014/08/29(金) 18:41:18|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

預かり2日目。。。。一夜明けて

初バリケンだったミルキー 鳴くことなく朝まで静かでした



ピノとひかりとミルキーで朝ぽ

ピノは見てない振りしてしっかりミルキー確認してた
でも理性がぶっ飛ぶことはありません(笑)

ロックオンではなく観察。。。。。
でも観察してる時間が長くなると 緊張から恐怖→興奮→アグレッション
という流れになるので。。。。
着火する前に んっ???って私が思ったときには
『ピノ!』って声でのコレクション。。。。

あぁ~~~ヤバかった?? すんませんすんません。。。。とフラットな状態にも戻るピノたん。。。。。笑

昔なら他人の犬なんて我が家で預かることなんて到底無理だったし
こんな他人の犬と一緒に3頭 一人で散歩に連れ出して
ピノのアグレッションも出さず、写真を撮る余裕まである。。。。

ピノたん。。。。おぬし成長したものよの。。。。。。



















ミルキー。。。。散歩は楽しそうで・・・・・家の中より 自分を出せてた









散歩終了後









元飼い主が犬が苦手だと言っていたミルキー
確かに犬に対する社交性はあるほうじゃないけど
自分から犬に寄っていくことはないし 匂いを嗅ぎもしないけど
反対に嗅がれても 泣き叫ぶわけでもないし 逃げるわけでもない
ピノなんかに比べたら 怖がりだけどキャパ広いっす

平常心ではないにしろ
みんなと同じリビングで過ごせてたし
ビビり汁出さないし。。。。。。笑


まぁ~~~ピノとかんな以外は一度匂いをかぎに行ったら
ミルキーの存在を全く気にせず 過ごしてましたけど。。。。。。笑





この中でもウトウト 寝れたミルキー
ミルキーにとってもこんな多頭の中で過ごすのはある意味いい経験になったのでは??笑











里親さんへの引き渡しが夜なので
夕方までこんな感じで過ごし


私の仮母もここでおしまい
私はミルキーとここでお別れ
一緒に立ち会いたかったけど。。。。。。。


相方がミルキーと一緒に
前日から眠れないほど楽しみに待ってくれてる里親さんのもとへ出発!!!


幸せになるんだよ~~~~~~~!!!!













数時間後 旦那はんから無事任務完了♪と連絡がきた

里親になることが本決まりになってから

その子が気持よく過ごせて慣れるためには何を用意すればいいですか?など聞いていただいたお母さん

もし里親希望がなく最悪のケースだと愛護センターに行く犬もいることをあると聞いて
ミルキーを迎える前日にお父さんと愛護センターに見学に行き
運ばれてきた犬たちの現実を知ってくれたお姉ちゃん

この引き渡しに元の飼い主がくると思って

『すきなたべものはなにですか?
といれはどうやってしますか?
なんじにごはんをたべますか?
すきなおもちゃはなにですか?
されていやなことはなにですか?』

ノートに質問を書いてくれた弟くん



それを聞いたとき泣けてきました

元の飼い主のほうにも この里親さんにも同じような年頃の子どもがいる家庭で
こうも違うものかと。。。。。


ここ3カ月
この件に関しては色々思うところもあったけれど
犬の幸せだけを思って。。。。。

里親希望の人を探してくれた友
今回の里親さんのほかにも うちでよければと名乗りを上げてくれた人

本当にありがとうございました


このご家族の元でなら残りの犬生
幸せになれると確信しました


名前はそのまま ミルキーで暮らしていきます








  1. 2014/08/24(日) 20:06:51|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

我が家の夏休みは。。。。

世間さまがお盆中も営業だった我が家。。。。

我が家の夏休み前日の夜
仕事終わりに例のシーズーを要らない犬となった飼い主のもとから引き揚げてきた。。。。



飼い主の飼育放棄
シーズー 8歳メス 名前はミルキー



家にいきなりは入れれないので帰宅早々うちの子たちとPWに連れだされることになる・・・・


























元飼い主曰く ミルキーも犬が苦手らしい。。。。
8年間1頭飼いで 散歩でも犬が嫌いなので接点は全くなしとのこと・・・・・

うちにもおるけどね~~~~家族犬以外にキャパが狭い奴!!!

犬が苦手だけどもろもろの事情で我が家みたいな多頭のところで一晩過ごさないといけなくなったミルキー。。。。
ミルキーのそんな性格もよく知ってる家族だろうけど。。。。
手放すとなるとどうでもいいのか。。。。なんて思ってしまう



犬は苦手らしいけどやり方次第で大丈夫^^

もちろんピノやかんなにはミルキーは私のもん 
お前ら絶対手~~~出すんじゃねえぞと
コントロールしてますし

白いフワフワ系。。。。。。かんなの格好のターゲットになりやすいから
ミルキーには最初に ビビる必要なし!!は伝えました^^









ピノは外でのほうがミルキーの存在を気にしてたけど。。。
家に入って来てからのほうが意外に寛大


普段から興奮対象物(ピノにとっては家族犬以外の犬)から興奮するなら見るな!!と
目線を外させる練習をしてるので、家の中でもミルキーの存在は気になりつつも見ないように見ないように
自分から理性を働かせてたピノ


ミルキーが居てもそのうち寝出したピノ
かなりの成長












ミルキー自身もメンタル的にいっぱいいっぱいだっただろうけど
この夜 初めてのバリケンでご就寝となった

うちの子たちも初めましての赤の他犬が居てようが
いつもと変わりなく 静かに眠りについた。。。。。



















相方はここ数カ月相手とこのことについてやりとりしてたみたいだけど
私は昔に奴が言い放った
ディオに対して『なんでそんな噛み犬飼ってるん??そんなん楽しい??』言葉が未だに許せず
それからもう5年以上会ってないし

この話についても 自分たちで里親探すなりさせたらええねん!!怒
って思ってたから仕事中犬好きなお客様との話題にはなったけど
里親を探していたわけではない。。。。



こんな理不尽な人間の都合で。。。。
自分たちで里親なりなんなり探す努力ぐらいはさせるべき。。。。。と思っていたから。。。。


でもこの話を聞いた友人が 親身になって里親希望の人を探し出してくれた
みんな元飼い主のためではない。。。。犬の幸せだけを想って動いてくれた

迎えに行って解ったことは
ご両親は とくにお義父さんは手放したくなかったんだろうな。。。。ということ
最後の別れは本当に見てるのが辛かった
私は一言言ってやる来たのだけれど『本当は最後まで飼えることが一番でしたのに。。。。。』としか言えなかった
私の言葉には無言だった

婿の手前。。。。板挟みなんかな~~~
孫と今まで大事に飼ってきた犬と 天秤にかけるとやっぱり孫だったのか。。。。。
私には理解できないけど。。。。。。その人たちにしかわからない事情もあるのかと。。。。。


続く。。。。




  1. 2014/08/22(金) 16:41:34|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

レイジシンドローム

毎月15日に送られてくるMASUMIさんのメルマガ

今回お盆のこの時期と重ねてお題が我が家に超ピッタリ
なおさらお空のディオに思いを馳せることになった
IMG_0411_20140816122111562.jpg
噛み犬ディオが亡くなってもう5年半が過ぎた


レイジシンドローム(激怒症候群)
ディオ(Eブル ブリンドルメス)は生後4カ月を過ぎたころ我が家にきました
我が家に至るまでにオーナー(ブリーダー&仲介者)が少なくとも3~4人変ってる
後になって調べたけれどここで情報が途絶えた
最後の仲介者は1回のコンタクトのあと電話は変えられてしまい音信不通。。。。。

1週間の体調不?? 青っ洟 風邪が治りだして我が家に来て2週間が経とうとしたとき
私は突然ディオに襲われた。。。。。甘噛みではなく
おもちゃで遊んでいる犬がするように噛みついた獲物を離すことなく仕留めるように首を振る。。。。


私にとっては初めての出来事でその時は無我夢中であまり覚えてません。。。。
ただ 襲ってきたきっかけは私がダイニングの椅子を引いたときに出た音

そして噛みついて離さないディオの首根っこをもって何とが自分の脚から引き離し
自分はダイニングテーブルの上に避難したってこと


実家時代から結婚して自分の犬まで含めても
このときでも両手では足りないほどの数の犬を見てき一緒に生活してきました

ディオは私にとって『普通の犬じゃない』と感じた初めて犬だった
初めて犬を怖いと思った



我が家にとって最初の訓練士(結構有名な人だったけれど。。。)からは
たった1カ月の通い訓練で

『この犬の噛みは治ることはない
安楽死できなければ 犬にも人にも接触させず隔離して飼うしかない』と言われた
餌だけやって飼い殺しってことです
そうしなければいつか事故が起こる。。。。。そう言われました。。。ディオ生後5か月の頃です。。。。


人間に対する噛み
前触れなく突然、突発的に噛む 襲う。。。。
もって生れてきたもので治るものではないと言われ 訓練も拒否された


このときは プロの人間からも見放され
奈落の底に突き落とされた感じだった

毎日私や相方のどちらかがディオの予測不能なパニックで襲われ噛まれ怪我をして。。。
地獄のような時間を過ごしていた

話は変わるが
最近美容鍼灸に通ってる あれだけ針が嫌いだったのに歳には勝てない
顔だけではなくて私の場合職業柄全身ガタがきてるので全身に針刺してもらうんですが
初めてのとき女性の鍼灸師から脚に無数にある傷を指摘されました。。。。。。笑
職業上 お客様のこういった部分はあえて触れないんでしょうけど(私がそうだから)
思わずでちゃったんでしょなぁ~~~~

自分ではずいぶん年月も経ちディオの噛み跡も薄くなってきちゃって。。。。なんて淋しく思ってたのは
自分だけだったようですな


傷の跡はおいといて
そして今もお世話になってる 訓練士に出逢うことになる
きっかけは関西で問題行動の訓練をしてる訓練所をネットで探しまくっていて

訓練士の数(当時は10名ぐらいだったかな?)
訓練所の環境(訓練所内のドックランで犬がフリーで過ごせるスペースがある。。。。警察犬訓練所みたいに訓練以外の時は1頭ずつ隔離してるというスタンスでないこと)

訓練士の数も多いし
犬にも人にも慣らせる環境かなと思ったのと
オンラインで無料相談っていうのをやっていてそこでやりとりしたのがきっかけ


後日
訓練所の見学がてらディオを観てもらうことになった

きっとその時私は今にも泣き出しそうなこの世の終わりにような顔をしてたに違いない
ディオを床に置くといつパニックになって襲ってくるかわからないから
面談の時は相方がディオを抱っこしながら話をしていたと記憶している
これぐらいの至近距離がディオが予測不能のパニックになった時 落ち着くまで抱きしめて押さえつけてるのが
一番噛まれず 当時の私たちには安心だったのです。。。。


“ちょっと ディオを床に置いてみましようか??”と訓練士さんに言われた時
私は無意識にそっとリードを持つ相方とディオから距離をとり
すっと離れたそうです←これ後からじっつーに聞いて はっ!としました

その後ディオはこの訓練所に8ヶ月間お世話になり
徹底的にオビディンスし 噛み犬との共存ができるように私たちも毎週訓練所に通った
ディオがどういう状況でパニックになるのか手探りしてる時が一番精神的にしんどかった
それに慣らしていくというか パニックになったってもコマンドを使うことで平常心に戻る時間が早くすること
ディオは物覚えも良く オビディンスは完璧だった。。。。







そんなディオでしたが外に出ると
怖くて全く歩けませんでした
今から思っても歩きたくない主張というより そとの世界は怖いものばかりで動けないって感じだった

でも家の中ではパニックになったら瞬時に飛びかかり襲ってくることができるのに。。。。。笑

ディオがパニックになるものは数えだしたらきりがなかった
音(椅子を引いた時に出る音 引き戸 雨戸 メジャー 浴室の椅子 洗面器を床に置いたときの音) 
光(光の反射 鏡が光を反射 ガラスに反射する光) 
影などなど 初めてみるもの ディオが怖いと恐怖を感じる音 こと 物

普通、犬が嫌がりそうなこと 抱っこ 爪切り 耳掃除 シャンプー ドライヤー エリザベスカラーをつける
口輪をつける 歯についた歯石をスケールで取ることなんかなんてことなくできる

むしろ自分から寄ってくるくる感じ。。。。。。
でも撫でてる途中でいきなりパニックになり何度も襲ってきたこともある。。。。。汗

だから私たちはディオから威嚇されたり唸られたしたことは1度もない
むしろ唸ってくれたほうがどれだけわかりやすくてマシだと思った



本当に今まで出逢ったことのない犬だった


でも噛み犬ディオに出逢えたから『LOVE』ばかりだった飼い主が『TOUGH』も同じくらい必要だって事
本当に『向き合う』ことを知ることができた
ディオのおかげでMASUMIさんの存在を知ることになるのです。。。。。

その当時『噛み犬』の情報ばかり集めていた私ら夫婦
『ブル 噛み犬 矯正』でネットサァーフィンしまくってたときにMASUMIさんを見つけました
担当の訓練士にも『この人すげー!!』って教えましたよ

訓練中 何度も折れそうになる心をピシッ!!!とおっ立ててくれたのは
MASUMIさんのブログでした


訓練所から8カ月の刑期??を終え家に帰って来たディオ

最初の訓練士が言った
人にも犬にも一切接触させず 隔離し飼う。。。。ことなく

噛み犬のディオを外の世界にどんどん連れだしました
IMG_0412_20140816102632a20.jpg

訓練所から帰って来た後も
毎日近所のグランドでオビの練習はやっていて

IMG_0413_201408161026326b7.jpg

うちの犬の中でディオが
家族以外の他人から撫でてもらうことが一番多かった

ディオもとてもうれしそうに寄って行き
撫でられるという光景をよく見ました
(後から写真をみるとリード短く持ってますね~~~汗 MASUMIさんを知る人は解るでしょうけど。。。。)



実際ディオが襲った人間は私ら夫婦2人と担当訓練士(女性)を含む訓練士3名
襲う人間に男女差はありません。。。。笑

ただ担当が女性の訓練士だったためパニックに陥った時は女性の声のほうが届きやすかった
ように思いますが。。。一番噛まれた相方のことが大好きでしたディオちゃん。。。。

IMG_0064_20140816102631c7a.jpg
外では怖いものばかりで全く動けなかったディオ
その当時もう1頭いたブルドックのはぐがディオにとってはセラピードックでした

はぐと一緒だと怖い外も楽しく歩けたし
はぐと一緒だとできること 我慢すること 怖いと思う気持ちが緩和されるようで
とっても穏やかに過ごすことができたので
IMG_0447_20140816102723ce3.jpg

何処へ行くにもディオとはぐで出かけることが多かった



ずいぶんキャパは広がって来ていて
亡くなる1週間ぐらい前にも
小学校の下校時にあえてディオを連れて歩きに行ってた。。。キャパ広げのため

後ろからキャーキャー黄色い声あの独特の子供の声に
飼い主の膝にどころに“ハウハウハウ!!!”と空気を噛むように口を当ててきたディオ
“ダメ”で噛みに発展することなく散歩終了
いきなりの噛みから前触れが初めて出た1週間後の突然死

薬を薦められた時もあったけど納得できなかった
ジキルとハイドの2面性を持ったディオのすべてを受け入れるところかはじまった

動物歯科の獣医師には犬歯を削ったところで噛みは治らないと言われ
そんなことは言われなくても解ってる
でもこれが私たちがディオに対して恐怖心なく向き合うためのもの
いい歳して獣医の前で涙流してしまったこととか。。。。


全部全部 今となってはいい思い出

亡くなってしまったディオがレイジシンドロームだったのか。。。
パニックからのアグレッションだったのか。。
今となっては解りませんが


まだまだこれからという時に
あっけなく逝っちゃって。。。。。。



もしディオが今生きてたら。。。。
マネージだけでなく どれだけキャパを広げてやれただろうと
なんだかワクワクさえします


そんなディオもはぐとみんなとお空に帰って行きました。。。。。
MASUMIさんのメルマガのおかげで 夫婦でお盆に思い出話たくさんできました



同じような悩みをお持ちの方がいたら
MASUMIさんのブログ メルマガ ぜひ読んでみてください

TOUGH LOVE・安楽死からの再挑戦.
  1. 2014/08/16(土) 13:48:30|
  2. ディオ訓練日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

8がつ13にち お盆です^^


今日ぐらいから世間はお盆休みですね^^
うちは毎年関係ないっすけどね。。。。。












私らの仕事っぷりを監視してるつもりやろうけど。。。

本当はここちゃんがぶっ倒れないか
監視されてるのはあなたのほうですから~~~~~~!!!!





  1. 2014/08/13(水) 15:18:49|
  2. こころ拡張型心筋症
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

通院生活

気がつけは7月なんて2回しかブログアップしてなかった。。。。。。苦笑

ネタがいということはうちにとってはある意味平和って証。。。。。。笑

といっても相変わらず動物病院とは親密な関係は続いている。。。。。汗

みらいの通院はもうかれこれ1カ月半以上になる

1.jpg

最初は後ろ脚の太さの違いに気がついたこと
(正確にいえばイリーママが気がついてくれたんやけど*イリーくんとはみらいのおじ

筋肉の付きかた膝の角度の違いはもともとあったけど
指摘されて初めて気がついた

すぐに病院で診てもらうと浮腫みだという。。。。この時点では後ろ脚膝の後ろのリンパ節の腫れはなかった。。。
この日 夜ギリギリの診察だったため後日改めましようということになり帰宅

しかしその2日後腫れてなかったリンパ節がコロコロと丸く腫れてるのが素人でもわかるぐらいになっていた

すぐに頭をよぎったのは『悪性リンパ腫』

って考え出したら寝れなくなるのだ 。。。。この小心者

結局後日バイオプシでーして腫瘍の可能性は低く炎症反応が出てるということになり
念押しで 絶食絶飲でお預かりで全身のリンパ節を超音波で検査することになった

腹内のエコーでは正常値5ミリまでが8ミリと6.5ミリに腫れてるリンパが2つあることが分かったけど
バイオプシーでのある1種のがん細胞の増加も見られないことから


指間炎からの細菌感染
体の抵抗力が下がってる。。。。。。のだろうとのこと

履歴からパセトシンもシンクルもビクタスも錠剤はすべて副作用(嘔吐 食欲不振 下痢 元気喪失)が出るため
今までは唯
い抗生剤の注射(2週間持続)でやって来てるため
今回も注射でってことになったのだが。。。。

2週間×3クール

続けた結果
浮腫みはなくなったもののリンパの腫れは少し小さくなったくらいで
抗生剤の効きが悪いので

副作用が怖い。。。。とも言ってられないくなり。。。。
しかし 抗生剤が消火器官を通るから副作用が強く出るのかも??という先生のご提案で
注射で抗生剤を皮下注射することになった


しかし これが1日しか効果がもたないので毎日通院。。。。。。汗
ほんと自営業でよかった。。。。昔みたいに雇われてたら無理な話で.。。。。。笑

何事もうまくいくようになってる。。。。。。。??笑い

ってことで先週の金曜日から毎日



朝 病院が開く前にささっと打ってもらって
会計はまとめて1週間後

仕事に遅刻することなくGO!!





先生のご厚意。。。。いつもすいません


5日目に嘔吐が出ましたが
翌日はなかったため注射は続行中




こころは付き添いついでに毎週一回1週間分の持病の薬をお守り代わりにもらいに行き


診器当ててもらったり 脈拍測ってもらったり 体重測ってもらい
大好きな先生と戯れとる・・・・・・・笑






暑い夏
まだまだ通院は続くなり。。。。。。。




  1. 2014/08/07(木) 12:01:17|
  2. イングリッシュぶる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

今日から8月












朝は1班目 2班目が私担当
その日ごとに多少のメンバーチェンジしながら

その間相方が散歩待機組&ここちゃんの監視という名目で
まだ布団でみんなとまどろんでおる。。。。。。笑


私が帰ってきた後 最終組と相方が朝ぽに行くパターン
だいたい 夜もしかり。。。。





今日から8月
楽しいのは子供だけだろうな





サマータイム導入しております
朝ぽ第1班は4時台から

しかし噴き出す汗が半端ない。。。。汗

蒸し暑さのせいなのか。。。。いやはや更年期のせいなのか。。。。。。笑






遊具が怖いみらい
恐る恐る匂いを確認中(笑)








ほら ビビる必要なし!!笑









朝早かろうが、蒸し暑かろうが いつもの代り映えしない散歩コースだろうが
毎日 毎朝 毎晩楽しそうっす^^






よい子はしっかり水分補給も忘れずに^^








くそ蒸し暑い夏もこの笑顔が心のオアシス^^




ちなみに夜は。。。。





暗くて写真を撮るのも一苦労
お決まりの街灯の下。。。。。笑






















  1. 2014/08/01(金) 12:41:34|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。