ぶひ邸別館

チワブヒブルとの日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

“老い”なのか??

本当は あんまり続きたくないんだけども・・・・汗
またまた病院ネタ

2日ほどモモタの様子に違和感を感じ 病院へ・・・
これといった決定的な診断もなく
触診や前脚のみ 後脚のみで歩行させたが問題なく ヘルニアなどの所見もないらしい
取りあえず 痛み止めの注射(ステロイド)で 少し元気になって 食欲も出てきてはいるが
なんだか アッシュの時とよく似てるんだよね 症状が・・・・

アッシュも 8歳を過ぎたころから
数カ月ごとに突然症状が現れて 痛み止めを飲ませると 約1時間後ぐらいからビックリするぐらい
元気になる

でも当時頂いていた 痛み止めのお薬は先生が言うにはリユウマチなんかに使う鎮静剤だからと
説明を受け 副作用も少ないと言ってらしたがネット検索すると


それは恐ろしい副作用(死亡例)が 海外では報告されており
使うのが怖くなって 症状が特に酷い時以外は使わなくなった(使用時も錠剤を半分に割って使ってました)

自分の経験談なので商品名を出ししてもいいかなと思いつつも
この薬、英語で検索をかけると、
製造元のウェブサイトの他は危険な副作用について警告したサイトがずらーっと続きます
ほんとうに「まさか?!」と思うような、読めば読むほどおそろしい話が山盛りで・・・汗


同じ薬を日本語で検索したら、特長を「副作用が少ない」
「従来の薬よりも安全性が高い」としているサイトばかりで
日本の臨床ではそうなのかもしれません


アメリカではこの薬、すでに4年以上前に当局(FDA)から、
「副作用でまれに死亡することがある」との一言を盛り込むように指導されている
国が違えば対応が違うのは理解できますが・・・そしてもちろんどんな薬にだって副作用はありますが
リ○○○ルそのものに問題があるとはいいません
逆にその薬が多くの犬にとっては奇跡のように効果的な薬であることにも間違いはないと思います



アッシュが発症した時に調べたことで
今現在は またどうなのか・・・・
まぁ ど素人の私には どちらが安心安全なのか わからんけど・・・・汗
取りあえず アッシュのときと同じこの薬の処方は選ばず ステロイドの注射にして頂く






モモタもこの7月で8歳になる
発症時期までアッシュと一緒だ・・・・・汗



その時のアッシュの症状と本当によく似てるんだなこれが・・・・血の繋がった親子だから
これが“負のDNA”ってヤツなのか・・・・そんなところまで似なくていいのに・・・汗

先生は何も断定的なことは言わなかったけど
飼い主的な直感で アッシュと同じなのではって思った


いろいろ検索しても あまり引っかかってこない中で
気になる記事を見つけた

首をかしげて歩く犬 -ペットの高齢化により見られる病気ー

「特発性前庭疾患」の後遺症かも
近所の河原などを散歩させているときなどに、
首の曲がった老犬を連れている光景を目にしたことがおありでしょうか。
人間でも年を重ねれば腰が曲がってくるので、その程度のものなのだろうと
軽く受け流してしまうようなシーンなのですが、
もしかしたらそのワンちゃんと飼い主さんは、何週間か前、何カ月か前、もしかしたら数年前に、
大変な通院もしくは入院生活を送っていたかもしれません。
6歳以上と言われるシニア世代、その中でも特に10歳以上の犬でときおり見られる
「特発性前庭疾患」の後遺症で、首が曲がったままになることがあるのです。



「前庭」の機能と「特発性前庭疾患」の症状

あなたの飼っている犬がある日突然フラフラするようになったら、特発性前庭疾患の疑いがあります。
この病気を正しく理解するためには、まず「前庭」の場所やその働きを知らなければなりません。
前庭は耳の一番奥にある器官で、体の平衡感覚や運動のバランスの調節をしています。
特発性前提疾患とは、なんらかの原因(原因不明)で前庭の機能に異常が現れることです。

病気の始まりはほとんどのケースで突然(少なくともオーナさんから見て)です。
さっき元気にご飯を食べていたと思ったら急によだれをたらし、同じ場所をぐるぐるとまわり、
首をかしげて歩き始めたりします。
ひどい時には嘔吐をし、痙攣のような発作を起こし倒れこむケースもあります。


【前庭疾患の症状 】
・運動失調(まっすぐ歩けない)
・斜頚(首が曲がっている)
・眼振(目が不自然に左右に揺れている)
・嘔吐

高齢になると脳出血やその他神経系の異常も現れ、ひどい内耳炎からの移行でも似たような症状が現れるため
こういった症状すべてを特発性前庭疾患とひとくくりにするのは危険ですが、
脳神経の病気はCTやMRIのようなおおがかりな検査が必要で、
検査結果を待つまでの間に暫定診断で治療を始めなければなりません。


特発性前庭疾患の治療


特発性前庭疾患は原因も治療法も不明で、
多くの症例では4週間程度までに自然治癒の経過をたどります。
ほかの神経疾患を同時に疑って、診断的治療のためにステロイドを併用することもありますが
特発性前庭疾患であった場合、ステロイドを使った場合と使わない場合で
治癒までの平均時間は変わらないという報告があります。

程度にもよりますが、前庭疾患による運動失調や平衡感覚の喪失による転倒、
落下などによる骨折や外傷など二次的な疾病を引き起こすのを防ぐため、
また、嘔吐の症状による虚脱や体力低下を防ぐ目的で入院して静脈点滴、ビタミン注射を行うこともあります。



特発性前庭疾患のその後

前述の通り、特発性前庭疾患は自然治癒することが多い病気ですが、
後遺症として首が傾いたままになることがあります。
また前庭疾患との関連は明らかではありませんが、
特発性前庭疾患から続いて痴呆に移行し寝たきりの状態になるケースもあり
前庭疾患を疑う場合は血栓溶解用のサプリメントなどを同時に処方することもあります


アッシュが初めて発症した時は
まさにこの記事の中にあるように 
ご飯を食べた後 突然 首がうなだれて 上に向くことができなうようで
よだれを垂らし 同じ場所をぐるぐる回り・・・・そののち痙攣 嘔吐・・・・


今回のモモタの場合も
さっきまで元気だったと思ったら
首をうなだれ 目線は合わず食欲は無く 何とか手でやったお肉を2~3口だけ
いつもは飛び乗れるソファーに上がれない・・・



th_IMG_9711.jpg

月曜にステロイドの注射を打ってからそれが効いたのか
いつものモモタに戻ってます

2日間まるでなかった食欲も少し戻って 昨日の夜 今朝は完食


th_IMG_9718.jpg

アッシュと同じなら また数カ月後に突然症状が現れると思う
アッシュの時のように対処療法しかないのかな・・・・






どうか これで症状が治まってくれることを 願わずにはいられない・・・・


  1. 2011/06/09(木) 11:50:23|
  2. ちわわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば <<父と子 | ホーム | +->>

コメント

☆おてつさん☆

ピノが皮膚で難儀してる時から 薬につては 名前とか確認するようになったわ
取りあえず 自分で調べないと怖くてね
私がこんな性格なので 先生も聞かずでも教えてくれるけどね
我が子のおかげで 心配の種の病気のことばかり詳しくなる・・・・滝汗
そして 私の心配症が酷くなる・・・・笑
  1. 2011/06/12(日) 12:37:37 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

今回ばかりは飼主的感が外れてくれること願ってるよ・・・
このまま治まってくれるといいね!!
お薬 怖いね 
今まで 副作用あるの分かっててもそこまで深刻に考えてなかったし
先生に聞くこともなく飲ませてた。。
ちゃんと知っとかんとあかんて思ったわ~
  1. 2011/06/11(土) 14:42:59 |
  2. URL |
  3. おてつ #-
  4. [ 編集 ]

☆ユキちゃん☆

う~~~ん 本調子ではないかな??
でも知らない人が見たらどこが??って感じやと思う。。。。
飼い主でしかわからない 微妙なところだけど
アッシュの時とまったくおんなじなんだよなぁ~~~
つくづく親子だなぁ~~~と変に感心・・・・滝汗
このまま治まってくれるといいんやけど・・
  1. 2011/06/10(金) 14:20:34 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

☆ブルータスパパさん☆

『気をつけなはれ~』っていうアッシュからの警告だけだといいんですが・・・
お空かちゃんと自分とそっくりな息子のこと見守っていてくれるでしょう・・・・
私もきっと願いは届くと信じています
  1. 2011/06/10(金) 14:02:27 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

☆SMILE さん☆

モモタは嘔吐はないんですけどね・…アッシュよりは症状は少しかるそうです
もしこの症例奈良原因も治療方法も不明なので
時間が過ぎるのを待つしかないようです
ステロイドの注射が効いたようで 少し落ち着いてますので
ホッとしております
我が家も実家の先代犬達は最期間近しか病院のお世話になったことがなく
現代は人間も犬も いろいろな病気がでやすいのかもしれませんね・・・
  1. 2011/06/10(金) 13:59:54 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

モモたん、、体調どない~?!
よくなってたらいいけど。

  1. 2011/06/10(金) 08:31:44 |
  2. URL |
  3. ユキ #-
  4. [ 編集 ]

このまま治まると良いですね。
発症時期、負のDNA、・・・願いは、届きますよね!!!
  1. 2011/06/09(木) 22:38:28 |
  2. URL |
  3. ブルータスパパ #6.e6ZSuY
  4. [ 編集 ]

小さい体だから嘔吐するのも辛いだろうに。。。

大丈夫モモタ♪みんながついてるもんね♪

本当にいろいろな病気があり驚きます

実家にいるときに飼ってたパグちゃん2匹はまったく病気知らずで・・・天国にいく前に病院にお世話に
なったくらいでした。。

  1. 2011/06/09(木) 19:13:25 |
  2. URL |
  3. SMILE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buhitei.blog104.fc2.com/tb.php/1277-464906a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。