ぶひ邸別館

チワブヒブルとの日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

新たな診断結果

IMG_0023.jpg

前回の“膣炎”という診断後
頂いていた3日分の抗生剤を飲み終えて 昨晩再診に行って来た

医院長先生は不在だったため
違う獣医師先生の診察

前回も医院長先生は不在だったため 医院長夫人に診ていただいた
以前から エコー(超音波)検査では腕利きの先生だと聞いていた
今回ももう一度エコー検査


前回同様 子宮内に膿みは溜まっておらず 腫れも見られなかったのだか・・・・


今回 見つかったのう胞は2つ(膿みの袋)
1つは1センチ大と0.7ミリ大・・・・・滝汗

膣炎と症状は全く同じ酷似しているが今現在“子宮内膜炎”だということが分かった


ステージは1~5ステージあり今現在2~3ステージの間ぐらいということだ

通常は無菌状態である子宮内膜に細菌が感染し
炎症を起こす病気を「子宮内膜炎」といい
感染症が悪化して子宮内に膿汁が貯留する症状を「子宮蓄膿症」という
感染菌によるエンドトキシン(細菌毒素)が血中に入り
全身状態の悪化を引き起こすとても恐い病気







子宮蓄膿症の症状は?


 
一般的な症状としては
食欲低下、嘔吐、脱水、発熱(20%の症例)など
ステージにもよりますが子宮に貯留した膿汁が多ければ腹部の張り
細菌による毒素が腎臓にダメージを与える為
たくさんオシッコをする結果として水を“がぶ飲み”するようになる(多飲多尿)

もし子宮の入口が開いていれば膣からドロッとした膿汁が排泄され
尻尾の裏や陰部周囲の毛や皮膚に膿が付着して悪臭を放つようになる

しかし子宮の入口が閉じている場合は子宮の中に膿汁がどんどん貯留していくので
まるで風船が破裂するかのようにおなかの中で大きくなった子宮が破裂して
腹膜炎に発展しないよう早急の対応と十分な注意が必要となる







モナの現段階では今すぐにどうこうすることでもないそうだが
ヒートの度にこののう胞が大きくなり 子宮蓄膿症を引き起こすリスクが高くなるそうで・・
将来的に交配させる気がなければ 子宮摘出することも考えておくようにと言われる・・・・汗




手術時期はヒートではない時期
ヒートが始まってしまったらその1カ月後



1週間分の抗生剤を頂いて
経過観察となりました・・・・・



いろいろ調べても
子宮内膜炎の犬は蓄膿症になるのはほとんど避けられない・・・とも書いてあるサイトもあり・・・・






またまた 悩みが増える今日この頃。。。。。






  1. 2011/06/12(日) 12:12:22|
  2. フレンチぶる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば <<パピー教室6回目^^ | ホーム | 雨の朝・・・・>>

コメント

☆ムットママ~♪☆

私も読み逃げ~ごめんね!!
若年性白内障のオペから4年 またまたオペか・・・って思うと
かわいそうでけど 先生と相談して決めるしかないな・・・これもモナと私の試練
天真爛漫なモナがただただ救いです・・・^^
  1. 2011/06/15(水) 12:04:00 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

☆SMILEさん☆

いろいろ次から次へと出てきますが
その時その時のべストな状態をいつも考えてます
経過を見ながら 先生と相談して決めたいって思ってるんですが
毎日陰部をチェックしてしまう私・・・・・
モナはいたって元気なので 時期を見て^^

CMみました~顔の大きなかわいい子でしたね~
モナに見えました??デルモに間違われて超嬉しい~!!
  1. 2011/06/15(水) 12:00:59 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

手術・・・モナちゃんの体調の良い時に。。いい時期に・・。
信頼できる先生がいらっしゃるので安心ですね

SMILEもたくさん爆弾かかえて暮らしてます・・・
いろいろ考えないようにしてますがついつい考えてしまいますよね・・

あ!!まったく話かわりますが。。
モナちゃん川原亜矢子さんとCM出てる??(笑)
そっくりですよね~~
あっモナちゃん!!ってTVに指さしちゃいました~~~
  1. 2011/06/13(月) 21:25:28 |
  2. URL |
  3. SMILE #-
  4. [ 編集 ]

ネーネ。おひさ。
ってかなり私も読み逃げやってゴメンね。

モナちゃん。。。そうやな。考えて考えての結果で決める事はそれが一番やと
思う。
親やし、それが当然のことやって思うけど。
毎度のこと、自分が代わってやりたいって思うよね。
ネーネ。毎日、色んな考えやキモチでイッパイになるだろうけど、きっと乗り切れるから
踏ん張るんだよ^^

  1. 2011/06/12(日) 18:15:02 |
  2. URL |
  3. ムットママ #MDo56pwE
  4. [ 編集 ]

☆鍵コメさん☆

絶対 子宮蓄膿症になる!!って言われれば 手術もいたしかたない・・・
体力のある元気なうちに・・・・って思えて自分の中でも納得できるんですが
抗生剤で落ち着く のう胞が大きくならず・・・ってこともあるらしくて・・・
先生は経過を見て 蓄膿症になってからでもオペは遅くない
末期でなければ全然助かるし大丈夫 気がつかずに蓄膿症になってから
オペする子が大半だし・・・と言われるんですが・・・・

絶対避妊去勢がしない主義ってことはないんですが
実際うちの男子はみんな玉無しですし・…これは男女共存のためっていうのが
大前提で 去勢のほうがオペ的には簡単だからと獣医が言いますし・・・・
病気予防のために避妊去勢するメリットと
避妊去勢したために 将来的にホルモン治療しないといけなくなるデメリットもあると
考えると 健康な臓器を取ってしまうっていうのが抵抗があります
♂♀に限らず生殖器の病気で亡くした経験があれば考え方も変わったんでしょうが・・・
実家の先代犬達も うちの子たちも・・・生殖器の病気で亡くした経験無しなので・・・


でも モナの場合は明らかに他の子達と比べても
なるリスクが高いので手術の時期 考えないとなぁ・・・・汗

  1. 2011/06/12(日) 14:49:27 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buhitei.blog104.fc2.com/tb.php/1281-3893c257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。