ぶひ邸別館

チワブヒブルとの日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

怒涛の7月28日

写真 (26)

7月25日木曜日に
エンドレーザー+ドレナージのオペを無事に終え3日間入院したモナを
私は朝から予約が詰まっていたために相方が午前中に引き上げてきた



又しばらく抗生剤(シンクル)とステロイド(プレニゾロン)と
ファルキサシン ジクロード Prednisolone(トルソプト)1%の3種類の点眼を一日4回の日が続く。。。。


モナにとって今回で5回目のオペも無事に乗り越えれた喜んでたこの日

テンモモの10回目の誕生日だからとケーキを買って帰ったから夜9時ごろ事態は急変



時間外のかかりけつけに車を飛ばすことになる


ここのところ最近は夜も気温が下がらない為
うちの中の年長組 こころも朝だけの散歩にしていた

この日もそうで夜ぽ組が終了してみんながご飯を食べ終わった後しばらくして
ふと寝そべるこころを見て 出ている舌があれ??ちょっと白っぽいかも??

そしてクーラーの効いた部屋で夜ぽにも行ってないのに
ハアーハアーと息が荒い気がした


相方が“ご飯前に興奮したから?? 暑いんちゃう??”っとエアコンの設定温度を下げた
それでも私は気になって
こころのべぇーと出っぱなしの舌を触りにソファーに行った

そのあまりにもの冷たさにびっくりする

そして 夜の9時になろうとしてたがかかりつけに急いで電話した
“貧血かもしれない”
“自分で立てますか??”

そう言われてこころをソファーから降ろしても
自力では立てなさそうで


すぐに連れて行きます。。。。と電話を切り
自力で立つことのできないこころを車に乗せ病院へ


この日当直だったF先生が明りをつけ病院のドアを開けて待ってくれていた

間違いなく舌の色は白いし
呼吸も速いのでとりあえず心電図をとることに。。。。

あとで分かったことだけど200以上あったと言われた心拍数は300を少し越え
今から心臓の薬を入れながら心拍数を下げるようにして
のちに色々検査してみますので・・・・


このまま預かったほうがいいという先生にこころを預けて帰ってきた



その1時間後先生から検査結果の連絡があり

レントゲン 血液検査にはこれといった異常なし
血中カリウム濃度も高くなく異常なし
その検査結果
エコーの検査の結果から
拡張型心筋症でほぼ間違いはないと。。。。
今はお薬が効いて心拍数も120まで下がり ワンワン吠えれるほどになっていますが
今晩一晩は預からせて様子を見させてもらったほうがいい。。。。と先生


“様態が急変したり何かありましたらご連絡します”と。。。。。


なんせ心臓のことなんで突然死は高い確率で覚悟しておいてください。。。。。。


ブルドックに限らずうちの子で経験あるから
いつも覚悟はできてるつもりでいたけど・・・・・
こうして現実味を帯びて突きつけられると辛かった




夜中も何度も目が覚めて
着歴があるか見て ほっとして。。。。


そして月曜日の朝を迎える







続く。。。。



  1. 2013/07/30(火) 13:34:26|
  2. こころ拡張型心筋症
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば <<怒涛の夜が明けて。。。。 | ホーム | “入院”>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buhitei.blog104.fc2.com/tb.php/2213-d8034932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。