ぶひ邸別館

チワブヒブルとの日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

頻発した痙攣発作

4月3日 職場にて

朝の痙攣の後で疲れたのか日中はほとんど寝ていた
そして仕事中はバリケンの中にいてもらうのだが
昼の3時にバリケン内で発作を起こし バタバタバタ!!!とものすごい
大きな音がしたので相方が外にモナを抱えて出て行った

私は接客中
気にはなるが手があくまで様子を見に行けなかった

発作を起こした後
すぐ横の駐車場で
リードつけて歩いてた

足取りは軽く
いつものモナに戻ってるって
痙攣の時間もバリケン内のバタバタぐらいですぐに治まったという

でも1日の間に2回も?? 頻度は上がってきていて
もうこれは重積痙攣?癲癇やなと。。。。。いやな予感がした



そして仕事を終えて夜になってかかりつけへ
モナは寝ていたし待合がすごく混んでたので名前を呼ばれるまで車で待機することに

看護師さんが
「○○さん 次です!」と呼びに来てくれたとき
ちょうどモナの発作が始まって
看護師さんが先生を呼びに行ってくれ
駐車場でモナの痙攣発作の状況を先生に見てもらえたので
携帯の動画は見せることなく済んだ、、、汗

発作の状況を見て医院長先生の口から出た言葉は
「中枢神経の麻痺っすね」



血液の検査も数値的に問題はなし
肝機能標準値内 尿毒症ない

癲癇の初発年齢が高齢なこと
ただの癲癇とは考えにくいこと

「一番可能性が高いのは脳腫瘍ですか??」と聞いた

考えられるのは脳腫瘍か脳炎
治療方法を選択するにもMRI検査は必須だという

この日3回目に起きた発作の後
モナは今までのようにいつものモナに戻ることなくぐったりしていた
こんな状態やのに麻酔かけて検査するのに戸惑うも

「今晩一晩考えて」と
撮るなら早いほうがいいと

確定診断にはMRI検査しかないという


翌日紹介された動物医療センターにMRI検査の予約を
無理を言って入れてもらった









続く











  1. 2016/04/08(金) 17:13:56|
  2. モナ グリオーマ脳腫瘍
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。