ぶひ邸別館

チワブヒブルとの日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

ごめん・・…ピノ

IMG_6674_20100810210703.jpg

血液検査とホルモン検査のためかかりつけの病院へ・・・・・


血液検査の結果は・・・・

2010 8.10                       前回

      49%        PCV【赤血球)   59%          
    13600          WBC(白血球) 8500/μI        

                 PLT(血小板】  284
    6.8            TP(総蛋白) 6.8              

    63            GPT      47               
    126            ALP      185 ←増加で肝障害    クッシング



     17.9           BUN      14.0mg ←腎不全           
     114           GLU      111mg ←糖尿病            
     61           TG      52mg             
     171          T-CHO     140mg            

     3.5            ALB       4.2               
                   
 
肝機能 腎機能 糖尿 正常値で特に問題なし・・・・・
外注に出す甲状腺ホルモンの結果は 後日・・・・




先日の眼科での検査結果の話になる・・・・・
『ステロイド白内障』 眼科専門の獣医はよく聞くことでも
かかりつけの医師には そういうのがあるらしいから ストロイドの使用は気をつけるように・・・・
眼科のセミナーで言われていたそうだ・・・・





『今後どうしますか?』と言われた・・・・・


この結果を皮膚科の医師に伝え 調剤の検討をしてもらうと伝えた・・・・
『それがいいですね・・・・』





よね爺のところに掛るまでのは 調子が悪くなると 抗生剤 
頓服的にステロイドを飲ます程度

自分自身がステロイドの副作用に悩んだ時期があって
かたくなにステロイドの使用を拒んだ

それでも状態は悪くなるので インターフェロン治療
これも調子がよかったのは 治療終了後4カ月間だけだった



あの拒み続けた投薬治療をするときにはよね爺のところで・・・・と選んだのは飼い主の私たち・・・・
血液検査には肝臓腎臓の数値的には 正常値でお薬の影響がないように
調整していただいてたのですが・・・・必要最小限のステロイドの使用量と聞いていたし・・・



それでも ピノの眼には出てしまったんでしょう・・・・
ステロイドが 白内障を起こすことを知らなかった…・無知でした・・・
もし 知っていたら…・・ピノは 白内障になってなかったかも・・・・

ステロイドは使わずに 傷だらけで 痒くて痒くてたまらなくても
私の顔も見れて・・・・ピノの後嚢は白く濁らずにすんだかも・・・・




眼科での説明を受けて・・・・
最近散歩時に 数メートル先にいるワンコに吠えかからずにやり過ごせたり・・・・
地道な訓練の成果が出てきたのかも…なんて思ってた私が情けないです・・・・


見えにくくなってきていたと思えばつじつまが合う・・・本当に駄目な飼い主です


あの日以来 皮膚科の薬を飲ませたり 飲ませなかったり・・・・
ピノの眼が見えなくなるのが怖くて・・・・



するとピノが 自分の脚を噛みだしました
ピノの体が ステロイドを入れてくれ! 入れてくれ!と要求しています


ごめん…・ピノ・・・・
結局 あんなに拒み続けたのに 薬漬けにしてしまった・・・・本当にごめんね・・・・






私がピノなら どう思うだろう・・・
体はずたボロになっても 光を失わないほうがいいのか・・・
かといって 寝れないほどの痒さに耐えることのない 光のない世界がいいのか・・・




ピノ どうしたらいい??
どうしてほしい??
こんな 頼りない飼い主で ごめん・・・・



今まで 信じて治療してきた・・・経過も良かった。。。
でも 今 グラグラと音を立てて 何かが崩れて落ちようとしています・・・


それでも こんな情けない飼い主でも・・・
これからもずっとピノと一緒に生きて行きたい みんなで歩んでいきたいので・・・
こんな飼い主だけど 我慢してください・・・












IMG_6644.jpg


ピノの穏やかな寝顔を見れるように 
また 光のさす 出口を懸命に探すので・・・・















  1. 2010/08/11(水) 16:53:39|
  2. フレンチぶる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば <<妹のような姉 | ホーム | 仲間入り!!>>

コメント

☆鍵コメPさん☆

私は見えない辛さも経験したこともないし 痛みより辛い痒さも経験したことないし・・・
経験したことは ステロイドの副作用だけ・…もう使いたくないと思っていたのに
 
皮膚の治療もしながら 進行を遅らせることが出来るように
いろいろ勉強しなければと思ってます・・・・
  1. 2010/08/13(金) 11:31:19 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

☆sumi さん☆

そうなんですよ~~~職業柄 働き出して2年ぐらいは手荒れがひどくて
でも これでも皮膚は強いほうで 外用の塗り薬だけで治る程度で

20代半ばに1年間 婦人科の治療で ステロイド内服してた時が
今から思い出しても 悪夢です・・・・
不眠 のどが渇く ムーンフェイス(満月様顔貌) 疲れやすい
体重も半年で10何キロ増えました…・戻ったのは数キロ・・・
前の職場も辞め 心機一転新しい職場へ…今から考えても辛かった・・・

だからピノには 極力使いたくなかった・・・
ピノに申し訳ない思いでいっぱいです・・・

いろいろ考え過ぎてしまって・・・・・
でも親として しっかり向き合わなければと思ってます・・・
  1. 2010/08/12(木) 10:47:33 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

☆一球ままさん☆

ピノが内服してる調整粉剤の中には プレドニゾンが入っていて
外用薬では弱いほうだし…・血液検査の結果もずっと良くて安心しすぎていました
もっと もっと調べればよかった・・・・
今となってはもう遅いけれど…・これ以上ピノの負担にならないように
考えなければ…・申し訳ない気持ちでいっぱいです
  1. 2010/08/12(木) 10:16:31 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

☆鍵コメJさん☆

物言わぬ我が子たちのため その時その場面で 飼い主が選択しなければならない
責任を強く感じてます・・・・
こんな結果になっても私たちを責めることもないし…ただただ好きでいてくれる
信頼しきってるピノに申し訳ないです・・・・
またいい情報があったら教えてね・・・・
  1. 2010/08/12(木) 10:11:32 |
  2. URL |
  3. ネーネ #2nOP413k
  4. [ 編集 ]

難しいですね・・
ネーネさんはステロイドの副作用の経験があるんですね
ステロイドは本当は優秀な薬なんだけど、
ワクチンとステロイドが医学を飛躍的に進歩させたって言われてるんです
でも「よく効くから」の安易な処方が副作用の弊害を生んでるんだと思います
本当はとても注意して使用しなきゃいけない薬なんですよね
経過をずっとブログで拝見してきたけれど、
その都度の選択はピノちゃんの最善を考えてきたこと
こういう結果は想像できないことだから・・
今は前だけ見て進む!!
ピノちゃんのためにネーネさんが元気じゃないとですよ!!
  1. 2010/08/12(木) 09:55:40 |
  2. URL |
  3. sumi #uvrEXygI
  4. [ 編集 ]

人間でも薬についてはとっても難しい選択があるんです。

ましてや自分で状況がいえないわんこ。

ネーネが選択したことを信じて!

  1. 2010/08/11(水) 22:31:35 |
  2. URL |
  3. 一球まま #N4m6mXuE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buhitei.blog104.fc2.com/tb.php/856-6a3f6d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。