ぶひ邸別館

チワブヒブルとの日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

2016,4,12 モナが自力で歩いた



脳腫瘍発覚後も
お天気のいい日はなるべく外に連れ出して
まったり過ごすようにしてる

太陽 風 音
家の中よりも 脳にも刺激があるだろうと思って^^




MRI検査以後数日は 伏せのままの状態
その後
立てるけど そこから一歩足を前に出すことができなかったモナ
ごはんの時もベットや椅子に寄りかかりながら立って食べて












この日はとても嬉しいことがあった
発作から12日ぶりに 外で自分の足で歩けた!!





























できることをできるうちに
それが私たちの願い
































































病魔に侵されていても
いつもどおり
いつもと変わりなく
できるうちに できるだけ
















それが私たちの望むこと^^









  1. 2016/04/23(土) 11:08:52|
  2. モナ グリオーマ脳腫瘍
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

実川組



2016,4,11
大泉緑地にてPWに参加


  1. 2016/04/21(木) 15:56:39|
  2. 日々のこと
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

2年ぶりのPW

2年ぶりのPWに行ってきた



普段は近所散歩で数頭すれ違う程度
MASUMIさんのメールセッション受けるまでは
その数頭のすれ違いも アグレッション発動して まともにすれ違えなかった

この2年間で 近所散歩でほとんどアグレッションが出ることがなくなった
それはうちの子たちの心理がわかり 伝えるタイミングがわかり アグレッションが出ないように
コントロールできるようになったから

でもすれ違いはものの数秒
長時間全く知らない他犬と一緒に歩き過ごす。。。。

ちょっぴり笑 どーかなぁ~~~と思ったけど

ご一緒するのは タフラ部な方々
それだけで どれだけ大船に乗ったつもり??笑
安心できます



いつものメンバー すずちゃんに代わりまして大ちゃん


いつものメンバー ジェシカン姉妹


はじめましてのトイプーキキちゃん





はじめまして ブルマスのミラちゃん


はじめまして ドベ デイジーちゃん
ピンの写真撮れてなかった汗



いつものメンバーのすずちゃんとあぼじは
年齢的なものもあり 長時間歩きのが厳しくなりお留守番
残念だったけど
きっとみんなの残り香をおみやげに
わかってくれてたよね


ご一緒してくれた
大ちゃん にぴょんさん
えまちゃん
ラミちゃん ペロさん
デイジー&キキちゃん ママさん
じっつ~
ジェシカン meg
























































なかなかPWとか参加できない我が家ですけど
皆さんのおかげで またいい経験できました

素敵な時間をありがとうございました


皆さんとももっとお話ししたかったけど
インフルB終わりから3週間続いてた なぞの咳のため
まともにしゃべれなかった、、、、涙

やっぱりPW最高!!!




  1. 2016/04/21(木) 15:30:12|
  2. 日々のこと
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

2016 4,11


ジェシカンといつもの場所で待ち合わせ

モナ集合写真に参加

この後ピノカンはジェシカン号に同乗させてもらい2年ぶりのPWに行ってきたよ



  1. 2016/04/17(日) 14:43:50|
  2. 日々のこと
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば

かかりつけへ

2時診療の病院から
MRI検査の結果がすでにかかりつけに報告済みということで
その日の夜からとりあえず始めるお薬(ステロイドと脳圧降下剤)を処方してもらってください
静脈の血管確保のためにつけたままの管もかかりつけの判断で抜いてもらうかどうかしてくださいとのこと



検査が終わったその足でかかりつけへ



診察時間ギリ到着。。。。。。ふぅ~~~汗


グリオーマは抗がん剤よりも放射線治療が有効だけれども
治療のたびに全身麻酔をかけなければいけないこと
モナの状態では 放射線が効いて 数か月の延命ができる可能性よりも
治療中に命を落とす可能性のほうが高いこと

本来なら脳圧降下剤を使ってどれぐらい状態に変化があるか定期的に
MRIを撮って経過観察するらしいが、、、、、、それも今より状態が進むであろう(腫瘍が大きくなる)状態で
厳しくなってくると予想される

2次診療で説明されたことを踏まえて
積極的治療は行わないという私たちの考えをかかりつけの先生に伝えた

移動の車の中で 夫婦で話した結果
2人共同じ考えでした



がんを叩くという積極的治療ではないけど
痙攣発作や神経症状を
ステロイドや脳圧降下剤 抗痙攣薬を使いながら
モナの残り余命のクオリティーを上げる緩和療法しかするつもりはないと
経過観察のMRIも放射線もするつもりはないと

「それでいいと思うよ」と先生は言ってくれた






  1. 2016/04/10(日) 14:58:01|
  2. モナ グリオーマ脳腫瘍
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
フレンチブルドッグひろば 前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。